文献资源
外文期刊

原文获取说明:2个工作日内获取原文

1.申请方式:文章下方原文请求按钮提交申请,无需审批;

2.获取方式:个人中心-原文请求-我的请求中下载

外文期刊

Totally found 174611 items. Search in result

  • [期刊] 光ファイバAE法を用いた模擬配管のモニタ事例

    応力腐食割れ(see)は配管内面や保温材下 などの直接の検査がしにくい環境で発生するこ とが多い。また、発生後急速に成長するために 不具合が発生した後にSCCと判明することも少 なくない。SCCの発生や進展挙動をリアル夕イ ムで検知することでトラブルを未然に防ぐこと が期待できる。SCCの監視、リアル夕イム検知 手法として適用可能なセンシング手法を第1表 に示す。種々のセンシング手法がSCCの監視に 適用されているが、AE (Acoustic Emission)法 は室温から高温までの幅広い環境で適用可能で

  • [期刊] 射出成形におけるゥヱルド部後方のフローマーク生成現象の解析

  • [期刊] ルネサス車載前方カメラでHELLAと協業

    ルネサスエレクトロニクス㈱(東京都江東区豊洲3-2-24、03-6773-3000)と、インテリジェント画像センサーシステムを手がける独HELLA Aglaia Mobile Vision Gmbu社は、ADAS(先進運転支援システム)、および自動運転向け車載フロントカメラ向けソリューションで協業すると発表した。

  • [期刊] 成長市場への拡大と新市場の創出

    謹んで新年のご挨拶を申し上げます。平素は格別の、ご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。エレクトロニクス業界では、自動車分野でのADAS (Advanced Driver Assistance System)や、自動運転、パワーエレクトロニクス分野におけるIoTとの融合やAIによるロボットの進化、そしてVR、 ARなどによる、ンミュレー、ンョン技術などが目覚ましいスピードで進展しています。また、低炭素社会に向けた取り組みとして欧州、中国をはじめとするEV (電気自動車)へのシフトや日本での再生可能ェネルギーの自

  • [期刊] 富士通九州ネットワークテクノロジーズが新ソフト提供AIで野鳥の声を認識

    富士通九州ネットワークテクノロジーズ(QNET、福岡巿早良区、棚橋勝彦社長)は、録音音声から野鳥の鳴き声を認識するソフトウエア「QSAS-Bird SoundAnalysis System-バードソングアナライザー)」の提供を今月から開始している。

  • [期刊] 炭素繊維テープ強化熱可塑性プラスチックスにおける引張特性予測シミユレーションモデルの検討

    高速成形,簡便·高強度な接合,リサイクル性といった特質から,近年では炭素繊維強化熱可塑性プラスチックス(CFRTP)の研究開発に注目が集まっている.その中でも,複雑形状への対応,高い繊維体積含有率(Ⅵ)に伴う高弾性率。高強度といった特徴を持つrandomlyorientedstrands(ROS),特に一方向(UD)テープをランダムに分散。配置して成形した炭素繊維テープ強化熱可塑性プラスチックス(CTT)への期待が高まっているこ状況にある.

  • [期刊] ケイ酸水溶液による水酸化カルシウムの急速ポゾラン反応

    土壌を園化したり,粘土を固めて構造物を造るなど,紀元前からポゾラソ反応を利用していることが知られている.この現象に関して,たとえばゼオライト岩のポゾラソ反応性1)や粘土の安定処理におけるセメント一石灰系のポゾラソ反応性2),メダカオリソ粘土中のセメントのポゾラン反応性3),SiO2の形態の違いによる水酸化カルシウムとの反応性4),水酸化カルシウムとフライアッシュのボゾラソ反応性5)など,多くの報告があり,ボゾラソ反応の棟構を論じている.また,NMRによる方法も報告されているが1),ポゾラン反応そのものを制御

  • [期刊] マイクロ引き下げ法を用いた透明ファイバー状四ホウ酸ストロンチウム結晶の育成

    近年,超教細加工技術として,半導体リソグラフィーやレーザーアプレーショソなどの様々な用途に低コスト,高出力の紫外線(UV)光源が必要とされている.紫外光源として従来使用されてきたエキシマレーザーを代表とするガスレーザーに加えて,小型·高効率·低コスト·安全面の点から優れている全固体紫外レーザーが注目されている1).全固体紫外レーザーは,YAGレーザー等の赤外固体レーザーと入射波長を半分にする波長変換結晶を複数個組み合わせて,紫外線を発生するレーザーである.紫外領域の波長変換結晶には,β-BaB2042),C

  • [期刊] VPシヤントのための手術シミュレーシヨン

    水頭症に対する脳脊髄液のシャント手術の歴史は古く,最初に報告されてから100年以上が経っており,これまでさまざまなシャント手術方法が考案されてきた,現在広く行われているのは,脳室から腹腔に脳脊髄液を流すVPシャント術と,腰部くも膜下腔から腹腔に流すLPシヤント術である.VPシヤント術では側脳室の前角からと後角から穿刺する術式に大別され,それぞれに長所と短所があり,術者の考え方や経験に加えて患者の希望によって術式が選択されている.シャントチューブとバルブを最適な場所に設置することで,患者は長い間シャントの恩恵

  • [期刊] 神経オルガノイドにおける組織自律的なバターニンク機構

    われわれの体は数+兆個の細胞から成るとされているが,元はひとつの卵細胞から発生する.受精卵は初期発生において極性を獲得し,異なる遺伝子発現を示すいくつかの細胞に分化する.たとえば,初期胚盤胞は内部細胞塊と栄養外胚葉という2種類の異なる分化状態の細胞から構成されている.このような多細胞体の自発的な極性形成は,個体発生の典型的な自己組織化現象のひとつとして古くから研究されており,その分子メカニズムについても近年急速に理解が進んでいる.著者らは,このような多細胞体の自発的な極性形成が幹細胞の神経オルガノイド培養系

Tag cloud

Year trend


;
意见反馈
返回顶部